雑記だけ読みたい人はコチラ   絵とかだけ見たい人はコチラ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
デッサン見直し3 (Nowel)
タイトルがデッサンとなってますが
もはやデッサンではないですw

前回、自分のデッサンをより客観的に見る為に
描いたモノを仕上げたのでここに貼らせて頂くことにしました。


まずラフデッサンの段階ではどんなのだったか
ラフデッサン

ちょっとでかく載せました。

そして仕上げ後
着色後

背景はSAIで適当に描きました。
ドアなんて本をがん見です。


ふぅむ、こう見ると・・・


ラフデッサン時の方がデッサンが正しいように見える点
線画段階で直して良かったと思える点がいくつか見えます。

男の足は細い方が良かったです。
ずんぐりする所でした。

今更ですが女の子の右足の方向がおかしいですねw
右足首がちょっとぐきって曲がってるような気がする。


塗ってる最中に女の子左目付近の髪の流れがおかしいことに気付きました。
生え際の中心点を決めたのに、そこだけ自分のしたいように
描いてしまったので塗る時激しく後悔しましたorz


何より今回、「ブラシ塗り」とか「ぼかし塗り」とか
呼ばれている塗り方にしたかったので
影の境界をだいぶぼかしてます。


ふぅ。
そして色々と見直すことができました。
この絵、いつかまた見て
「うおおおデッサンおかしい~」
と自分を追い込むことにします。


なんか絵を見てると自分の考えを語りたくなってしまった。

(ここから少し語ってます。
お気を悪くするかもしれませんので
もし読む際はご注意ください)

ここから私個人の絵に対する考えであります。



デッサンは多少崩した方が魅力的だといいます。
色んな絵を見ると私もそう思います。


でもデッサンが正しいと絵に説得力が
生まれます。

どっちにもいい点があります。

そして人によって得意な描き方、塗り方があります。
さらに好きな描き方、塗り方もあります。
嫌いな、苦手な描き方、塗り方も。

それらが混じって混じって正解も不正解も無い
その人の絵が生まれます。
この時点ではその人その人の味があって
どんな絵も魅力的なのではないだろうか?
と考えることがあります。

これを論理的に考えるなら
私の結論は「人がいるから絵は魅力という概念を持つ」でした。


絵に関する世の流れ作りも、個々による評価基準、世間による評価基準を生み出すのも、
読みとるのも、感じるのも、そして描くのも人だから、
というところに考えが行きついてしまいました。

もし人がいなくても絵が誕生するなら
それに魅力という概念は当然ないです。
人の生み出す様々な何かによって絵には魅力である、そうでない
というものが明らかに存在します。



つまりどんな絵も魅力的である=NG



こうすると絵は自分で見るだけではなく、人に見てもらわないと
上達しないというのは当然、ということにもなります。


評価基準は自分だけでなく、「人」ですから。


でも「人」に左右されてはいけない部分もあると思います。


それは自分の感情。怒るの落ち込むのも危険だと思います。
怒りは抑えなければ、次に落ち着いて自分の描き方ができません。
喜ぶのは必要です。モチベになります。
落ち込むのが一番危険です。自分の描き方の路線を完全に変えたり
一番辞めるきっかけに近い感情だと思います。

しかし自分の描き方だけキープしても
それでは上達しないので、一番負の感情を抱きやすい罵声でも
その中にある改善のヒントを吸収しモノにしていくと
魅力ある絵として磨かれていくのでしょう。



特に「絵を描くのが好きだから」といって
絵を描き始めた人で、精神面が弱い方だと危険だと思います。

私もそのクチで絵を描き始めました。

見てもらって褒められるとやっぱり嬉しいです。
また描こう!って気になります。
そして勉強します。ある程度描けるようになります。

ここで「趣味程度で描きたい」「別にプロにならなくていい」
と思う人でも、精神面で強くないと
以後きっと趣味でなくなると思います。

私は自分で描くだけで満足する人は少ないと思っています。
(少なくてもいらっしゃるとは思いますが)

絵を描くと必ず何かしらの方法で見てもらおうとすると思います。
身近な友達や親戚、教師、プロの方。
はたまたインターネットを通して見知らぬ人に。

ローカルに身近な友達に見せていて、褒められて勉強して上手くなって、
友達に見せることでは物足りなくなってきてしまったら。
大概ここで人は満足しないはず。

そしてここで絵を描くのをやめることはまず無いかと。

しかし、ある一線を超えると、上で言った人の世の流れに
巻き込まれると思います。

ネット進出は特に。

ここで褒められることを描くモチベとしてきた方の中で
精神面が弱い方は、大幅に絵を描くスパンが長くなると思います。
褒められることが少なくなったり、見てもらえなかったり、はたまた罵声。

これにより精神面で弱い方は怖かったり、自信が無かったりで
見てもらう努力をしなくなってしまいます。
見てもらう努力すらしなくなった時、いつの間にか趣味でも無くなってるかと。

でも絵を見せあうチャットとかに
参加するのはすごいいいと思います。

特にネットで絵を描く人同士で見せあってる。
これはとてもいいなぁって思います。

だけど、それなりに描ける人達のいろんな視点から
意見があるからこそ、面白く、充実してるのだと思います。

絵の勉強を全くしない人同士が集まった描き合いコミュニケーションは
今のところ知りません。


しかし絵を今から勉強していきたい人がネットで集まる。
これは潰れる可能性大だと思います。

途中で世の流れに負け辞める人が表れたり
不安定なので続かないかと。

そして中途半端な終わり方をした時
振り返ったら何に時間を使ってたのだろうと後悔するかもしれません。
ずばり「時間の無駄」になります。

だったら最初から学ぶ学校の方が断然いいです。
本当に学びたい人が来るわけですから刺激にも交流にも困らないし
途中で辞める人は少ないですから。


どんな理由でも「絵を描きたい」って思った人。
その人はずっと絵を描き続けて欲しいです。

私もまだまだですので偉そうなことは言えませんが、
その人の作品に魅了されるかもしれないし、
新しく絵を描きたいって人を生み出すかもしれません。
私は基本雑食なのでなんでも魅了されますw

ただ一回や二回否定、罵声されたぐらいだとか、くだらない理由で辞めるなら
最初からしないで欲しいなぁって思います。

とあるイラストレーターさんの言葉を間接的に聞いたことがあります。
「どんな絵でも必ず見てくれる、買ってくれる人がいる」
100人中1人でも見てくれたら、その人を大事にしたいですね。
私はそうやって思うと、一人でも多くの人に見てもらいたいって気になります。




今現在、インターネットを通じ
簡単に絵を公開できる時代となりました。

賛美、罵声、様々ありますが
私はこれに感情を左右されてはならず
論理的な部分のみ受けとめなければならない
と思ってます。

賛美は次のモチベへと。
否定は必要なものだけ残すよう噛み砕く。

そうやって魅力ある絵が描ければと思います。

ですが、これは
答えの一つかもしれないが
答えでもないかもしれません。
もしかしたら間違ってるかも。

でもこれ以外の考え方でも
良い、魅力的な絵は生まれること間違いないと思います。


絵に上手い下手はある意味有るけど無い。
結局色々考えるとこうなっちゃいました。

絵ってやっぱ深いですねぇ。


スポンサーサイト
イラスト | トラックバック(0) | コメント(2) |permalink
<< 戦車のドット絵 (Nowel) | home | FF13チックなステータスアイコン素材 (Nowel) >>
コメント
おお!まぶしいっ!!
色塗りすごくうまいですね!
スカートのチェック柄とか一体どうやったんだろう?
あと、デッサンと比べると全体的に優しい感じになっているような気がします。

絵って深いですね。
自作ゲームに使う目的で描き始めただけなのに、今は絵の占める割合のほうが多くなっちゃってますw
2010/01/30 Sat| URL | 二つの、うさぎ
[ 編集 ]
Re: タイトルなし
ありがとうございます~^^

もうモチベとして吸収させてもらいますm(_ _)m

ちなみチェック柄はフォトショのパスツールで
せっせと線を引いて塗りつぶしております~。


でも途中から自分の手で塗っちゃったので
良く見ると「あれ!」な部分が・・・ww


> 自作ゲームに使う目的で描き始めただけなのに、今は絵の占める割合のほうが多くなっちゃってますw

うさぎさん、お上手ですから絵にはまっちゃってくださいw
でもプログラミングも大事に~!
2010/01/30 Sat| URL | Nowel
[ 編集 ]
コメントする

管理者にだけ表示
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。