雑記だけ読みたい人はコチラ   絵とかだけ見たい人はコチラ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
またもや長期放置(Nowel)
またまた長い事更新していなかった。

更新しない理由の8割ぐらいは
ネタが無さす!なんですがね;


先々週から思い返して何してだろ?
と考えると仕事か飲みにしか行ってないんですが、
という状況。

合コンのネタとか結果とか
ゲームやお絵かき記事にあまり書きたくないし・・・

いつの間にかカウンタ5000hit。
ちびちびグダグダなブログになっちゃっていますが
見て下さってありがとうございますm(_ _)m

キリバンイラストでも用意すればよかったな。

でもやりたいことがいっぱいあって
どれに手をつければいいか・・・


やりたいことリスト
①オリジナルキャラをいい加減描き直したい
②①をFlashで紹介ページみたいなの作ってみたい
③格ゲーのドットキャラを描きたい
④RPGツクールVXでいいから、オリジナルの戦闘システムを作りたい
⑤停滞しまくっているゲームを作りたい
⑥AfterEffectをゲッツしたので勉強がてら何か作りたい
⑦早くモンハン3rdやりたい(爆

悩むぜ・・・

ゲームのお仕事の世界に入り、プログラム面で
目に見える部分のコーディングだったり、
画像周りのシステムを構築したりしてます。
なんだか連想配列いじってると、rubyがなつかしくなってきて
RPGツクールVXで戦闘システム作りたいとかじわじわ思ってきました。

でもデザイン画だったりドットも描かないといけないし、
目標はあくまでこっちにあるので、それに時間を費やすのもどうかと。


もう一つの悩みとして

元エンジニアであり、開発にはいつも
機能の制約やそれにおいて出来る出来ないを踏まえて
考える癖があります。

携帯であればキャリアによる差の制限。
使える使えない機能。旧機種を踏まえた画像のクオリティの限界。

プログラムをするにおいて、これらは捉えておかないと
開発できません。やって結局出来なかったじゃ話になりません。

でもこの考えはデザインにおいて弊害になってくるんですね・・・
その制約を考えてやると、デザインの幅が制限されるのです。
理屈と感性の両方が必要なデザインが理屈っぽいデザインになっちゃう。
表現が制限されるとデザイナーは結構嫌がります。
クオリティを求める癖が強い傾向にあるので。
それは自分にもあったりします。

でも機能の制約をわかっているので
デザインを抑えようとしてしまいます。

生粋のデザイナーである隣のデザイナーさんは
もう機能を潰すぐらいのデザインを描いてくる事が多くあります。
システム側からすれば
「もっと色数落とさないと色化けるだろ」
「画像がでかすぎて他のボタンが見えなくなるでしょうが」
「1キャラ1000ポリに抑えんとオーバーする」
等、全くこの困ったちゃんは・・・になりがちです。

でもそれはデザイナーとしてあるべき姿だ、と反面私は思うのですね~・・・
葛藤しまくりです。

相談してみると
「お前なら制約に収まった最高デザインが何なのかわかるだろ。
システムの円の中心が見えずに、円を超えてしまいがちなのが
デザイナー一筋の人間だから、中心の見えてるお前が円のギリギリまで持ってけ」

非常に納得のいくお答えです。
でもやっぱ限界は超えるべきなんだろうな、とかまだ考えてる自分は
これからどうあるべきだろうか、と考えてしまいますね。

あぁ愚痴なったかな。
ていうか飲みの約束に遅れる!
飲んでばっかで金も無いです。これもまた悩みw
スポンサーサイト
雑記 | トラックバック(0) | コメント(1) |permalink
| home | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。